「ひたち」物語
 「ひたち」は、昭和38年1968年10月、上野平間に登場した全席指定列車で、このため従来の「ときわ」グループとは別扱いとなり、準急「ひたち」を名乗ることとなった。しかし昭和42年10月「ときわ」グループに編雄されて、準急(急行)としての「ひたち」はわずか四年で幕を閉じた。
 昭和44年10月の改正で、上野平間に常磐特急が新設されることとなり、「ひたち」の愛称が返り咲いた。p20「常磐・総武線」国鉄の車両⑦保育社・関崇博。

Total Page Visits: 0 - Today Page Visits: 0