ぼくらはかたりつづける。

ちいさな、ちいさな、ちいさな町が100年前に誕生した。原っぱの真ん中にできたので「はらのまち」と名づけられた。鉄道が開通したので駅の名前は「はらのまち」。
それから100年がたちました。
ちいさなちいさな、ちいさなものがたりが、生まれては消えていった。
消え行くものはすべて美しい。
3.11天変地異が、ぼくらの町を洗い流し、家も人も、うばっていった。
でも、思い出だけは消えない。
神様の胸のなかで、愛する人と再会する日まで、ぼくらはかたりつづける。

二上英朗

当サイトの記事内容について

おはようドミンゴは二上英朗氏がライフワークとして10代後半から行ってきた南相馬ならびに相双地域内の郷土史を中心に書き連ねた書籍のデジタルアーカイブである。

長年当事者や取材を行って作成してきたものであり、当サイトからの無断転用・引用は一切禁止しております。

2024年6月 サイト管理代理人

Total Page Visits: 45193 - Today Page Visits: 41
MENU
PAGE TOP