東北の人昭和18年「東北の人」文英堂昭和出版社 大阪

「糞尿を墨とし、鍬を筆として」日本の思想に触れるんだと、処女地夜の森へ踏み入った清寿翁の悲願は、嘗て篤農家と称する人々が突入することのまれであった正統な日本歴史の世界であった、正統な日本文化の流れのなかに驀進した翁の悲壮な願望は長く記憶されねばならないと思ふ。

忘れられた伝記 本文
https://domingo.haramachi.net/%e6%94%bf%e7%b5%8c%e6%9d%b1%e5%8c%97%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc/%e3%81%9f%e3%81%a3%e3%81%9f%e4%b8%80%e4%ba%ba%e3%81%ae%e6%9d%b1%e5%8c%97%e8%ab%96%e3%80%80/%e5%bf%98%e3%82%8c%e3%82%89%e3%82%8c%e3%81%9f%e4%bc%9d%e8%a8%98%e3%80%80-%e5%8d%8a%e8%b0%b7%e6%b8%85%e5%af%bf/
 

Total Page Visits: 0 - Today Page Visits: 0