H・H・G誌の発刊に当って 岡田汐子

 HHG誌は、HHGの日記帳です。私達はただ本気で正直に書こうとしたまでです。私達はそうしたものならよろこんで取り入れようと話し合い乍ら、これを生み出しました。私達の目指しているものへはまだまだです。赤ん坊は大人ではありません。身体のわりに頭が大きくたって、それが赤ん坊の自然です。からだと頭の割合が大人のような赤ん坊でしたら、それこそ化け物です。そんな意味で私達なりに、私なりに、めいめいがありたいと思います。若しいのちさへあれば私達はやがて大人になるでせう。

HHGの歌
 光あり かがようところ
 仰ぎ見る はてなき のぞみ
 まことなる若きこころに
 ひびきゆく あしたのかねは
 うちならせ うちならせ
 心の絃になりひびく
 あしたの鐘をうちならせ

指導者の岡田汐子は、雑誌の主宰者として、

 HHGのグループに集まった若人のなかには、駅前郵便局の折笠幸雄、折笠勇、折笠晴二郎、などの親族が集まった。