勤皇隊 東直次郎

57期の戦友と 原町飛行場で 左 東直次郎

東直次郎
 前略
 先日は御世話になって、又勝手な御願ひをしたきり御礼もせず申訳なく思って居ります。昨日の夜から整備日だったので参上致す予定でしたが、突然取止めとなり失礼致しましたが何卒悪しからず御諒承下さい。一昨、航法演習途中(房総南方、三宅島・石巻間)発動機不調の為、一機(松尾少尉)木更津海軍航空隊に不時着しましたが、種々の条件悪く、遂に殉職致しました。私は、ちょうど鉾田で燃料補給終わって、出発しようとしてゐたのですが教官殿の指示で帰るのを待ち、一泊して、翌日十時頃原町へ飛んで帰りました。卒業も間近く、決戦も開始された現戦局、可惜、有為の空中戦士を失ひましたが、彼の遺志は、残れる私達が継承し、英霊を慰めんと誓ってゐます。最後の整備日もなくなったのですが、今月終わっても訓練は続行されます故、又御伺ひ出来る機会もある事と思ってゐます。
今から本格的夜間訓練に入り、何時死ぬか分からぬ身分ですが、敵粉砕までは、死んでもしにきれぬ思いで居ります。
だんだん寒くなって来ましたが、何卒御身体御大切に御精励の程御祈り申上げます。
先は乱筆乍ら御詫び迄。  敬具
 東 直次郎
柚原健蔵様

レイテ出発直前の手紙

 前略
 今日は結構なものを頂き、懐かしく有難く御礼申上げます。丁度出発前川添が渡して呉れました。
 富士山にも別れを告げて大阪に来ました。整備して又直ぐ出発します。鉾田出発前日からてんてこ舞の忙しさ、昼食も抜いたほどです。
 これからもお手紙を差上げる暇ないかも知れずその旨御諒承下さい。

福島県原町太之助町
柚原健蔵様

24/11