薬草献納に関スル方案 傳3375部隊

薬草献納二関スル方案
一、献納先 傳三三七五部隊 井上隊
               係員 陸軍軍医中尉 鈴木徳一
(又トウキビノ毛)イタドリ、(又は朝顔の種) スヒバ
二、薬草名 センブリ、ゲンノショウコ、オオバコ、ドクダミ
三、採取時期 昭和二十年九月末日迄 
四、献納期 昭和二十年十月五日
五、集荷場所 中村町又ハ原町国民学校
六、各校割当 (別紙)
七、納入期 昭和二十年九月末
  昭和十九年度薬草ニシテ採集シアルモノハ献納サレタシ
 附

健胃散 センブリ  各校一俵
 止痢剤 ゲンノショウコ  二俵
 鎮咳哇痰剤 大葉子   二俵
 利尿剤  ドクダミ(又ハトウキビノ毛  二俵
 解毒剤 スヒバ       二俵
 緩下剤 イタドリ (又ハ朝顔の種子) 一俵 各校計十俵」

また「釘供出二関スル件」という文書も、東北三三三八部隊から郡内各校宛に発送されている。

「遥かなり雲雀が原 原町陸軍飛行場ものがたり」
p143~p144