八牧美喜子の秋燕日記

八牧 美喜子(旧姓 加藤)

引用元:いのち 戦時下の一少女の日記 白帝社 1996.8.15 1500円

  1. ベコ屋編隊の思い出 昭和18年12月28日~昭和19年8月28日
    19.6.15.夕方、お茶畠に美代ちゃんと坊やをつれて行ってみようと思ひ坊やにズボンをはかせて居たら突然警戒警報が出る。今度はどこに来たか? 夕暮でうす暗かったし、サイレンの鳴り始めた三十ビョウ間位の不気味さ、だまって耳をすます。電気はうす暗い上に黒い笠をして有るので、暑苦しくてむんむんする。
    疎開児童の交流の思い出 少飛十三期会 坂本由一
  2. 野分 昭和19年11月2日~
    十一月六日早朝、原町駅を発って行った五十七期の航空兵は五名だった。
    二十七戦隊に小山正少尉、四十五戦隊に斉藤三郎少尉、小野寺甲子郎少尉、小川陸郎少尉がそれぞれ配属が決定、赴任のため茨城県鉾田飛行場の本校に向った。