パリ講和会議(パリこうわかいぎ、Paris Peace Conference)は、1919年1月18日から開会され第一次世界大戦における連合国が中央同盟国の講和条件等について討議した会議。世界各国の首脳が集まり、講和問題だけではなく、国際連盟を含めた新たな国際体制構築についても討議された。「ヴェルサイユ会議」と呼ばれることもあるが、実際の討議のほとんどはパリのフランス外務省内で行われており、ヴェルサイユ宮殿を会場に使ったのは対独平和条約(ヴェルサイユ条約)[1]と、対ハンガリー平和条約(トリアノン条約)[2]、関連する諸条約(ヴェルサイユ小条約(英語版))の調印式のみであるため正確ではない。wiki

船橋海軍無電局のテレフンケン社製の無線機は当時3台しかないうちの一台を注文し、開所式が大正2年に挙行、建設開始し大正4年に完成した。この間の大正3年に海軍シーメンス事件という疑獄事件で時の山本権兵衛内閣は倒れた。

Total Page Visits: 8 - Today Page Visits: 0