ふるさとに帰って来たという感じ 宮城けんじ 漫才師
2013年12月22日 ·
 2月3日、ダブルけんじ漫才ショーにて。宮城けんじ。

「皆様、本日はようこそおいで下さいまして、まことにありがとうございました。わたくし、原町生まれではございませんが、原町はとてもなつかしい町なんです。私の生まれは、宮城県亘理町の出身でございます」

(拍手)

「私の駆け出しの頃には、常磐線の汽車に乗って、あの高い無線の塔をながめてから、何度か涙を流して故郷に帰ったことがありました。そんなことも、今になってみれば、みんな懐かしい思い出でございます」

「あの塔が、汽車の窓から見えてくると、自分のふるさとに帰ってきたんだ、という感じがするんです」
 漫才師

Total Page Visits: 3 - Today Page Visits: 0