灰の水曜日

灰の水曜日

「わたしはふたたび振り返ることを望まないので
わたしは望まないので
わたしはふり返ることを望まないので
この人の才能やあの人の機会を望んで
そうしたものを得ようともはやあがくことはしない
(老いた鷲はなぜ翼をひろげなければならないのか)
なぜ嘆かなければならないのか
この世の権力のなくなったことを。

この世の時間のはかない栄光を
ふたたび知ることを望まないので
わたしは考えないので
わたしはあの唯一の本当にうつろいやすい力を
知る事はないだろうと知っているので
わたしはそこで飲むことはできないので
そこは木々が花咲き、泉が涌くところだが、
今はなにもないのだから

時はつねに時であり
場所はつねに唯一の場所であり
そして真実であるものはただ一回だけ
そして一つの場所でだけ真実であることを知っているので、
私はあるがままの物事を喜び
あの祝福された人の顔を諦め、
あの声を諦める。

わたしはふたたび振り返ることを望みえないので
それだから喜ぶべきもののうえに
何かをうちたてなければならないことを喜ぶ

そして我らに恵みをたれ給えと神に祈る
そして自ら多くを論じすぎ
説明しすぎたことを
忘れることができるようにと祈る
ふたたび振り返ることを望まないので
これらの言葉に責任をとらせよう
すでになされたことを再びなすことがないように
われらの裁きが厳しすぎることのないようにと祈る

この翼はもはや飛ぶことができず
むなしく空気を打つ唐箕にすぎない
その空気はいまやまったく希薄で乾き
わたしの意思より希薄で乾いているので
案じるべきことと案じてはならないことを教え給え
静かに待つすべを教え給え

われら罪人のために今も我らの死のときも祈り給え
われらのためにわれらの死のときも祈り給え」

T.S.エリオット 『灰の水曜日 Ash-Wednesday』より。

Total Page Visits: 594 - Today Page Visits: 2

前の記事

SLと原の町駅

次の記事

「原町市史」にみる近代津波