2011.3.22 Re:健在なりや?

—–Original Message—–
From: fumi
Sent: Tue, Mar 22 2011 14:54:50 JST
To: domingo@df6.so-net.ne.jp
Subject: Re: 健在なりや

二上英朗様

福島でご健在とのメールをいただきありがとうございます。
お蔭様で、私も伸子もまゆも元気で生活しています。3月19日には水道が復旧し、ようやく風呂に入れるようになりました。徐々に大震災前の生活を取り戻しつつあります。ご安心ください。
兄は原町一中が津波で被害を受けた浜の方々の避難所になっていたこともあり、ずっと原町一中に泊り込んでいました。兄が原町を離れられないというので、私が原町まて゜行って母を仙台まで避難させました。
3月14日は避難所の方たちに毛布や食料の差し入れをして、原町の母のところに行ったらまだ原町にいるとの返事でした。
しかし、3月15日になり、兄嫁が一人で保原の実家に避難したため、再度私が原町に迎えに行くことになり、3月16日原町から母を連れて仙台に戻りました。
ところが乗って行った乗用車のガソリンが切れて補給不能となり、兄に筆甫まで送ってもらい軽トラで何とか仙台まで辿り着きました。
3月19日、原町が放射能汚染のため立ち入り禁止区域になる事態も考えられたので、仙台で知人から4リットルのガソリンを分けてもらいそれを持って再び原町に行ってきました。この日もガソリンの補給はできず、手持ちのガソリンと兄の車から無理に抜いたガソリンで何とか仙台に戻って来れました。
一般車両は鹿島駅前のガソリンスタンド、緊急車両は高見町の交差点角のガソリンスタンドで延々と並んでいましたが、緊急車両の車であっても10リットルの配給を受けるのに2時間かかりました。
小高・原町・鹿島の親戚は全て県内・県外に避難しました。唯一兄だけが原町に残っています。その原町が近隣の自治体でもっとも放射線量が少なく、福島がその何倍もあるという事実に不思議な思いをしています。
私は毎日福島産の瓶入り牛乳を飲んでいます。これでしばらく福島産の牛乳が手に入らなくなります。
このまま体調管理を万全にして、来年も、再来年もしぶとく誕生日を迎えましょう。

Total Page Visits: 248 - Today Page Visits: 1