死ね死ね団2

愛の戦士レインボーマンにて、日本人を憎み、日本人抹殺を企てる組織として登場した。独自の主題歌(死ね死ね団の歌)を持つ。
この手の悪の組織としては珍しく日本だけを標的にしている。構成員は一見日本人のようにも見えるが、「人間複写機」を用いて外国人犯罪者を日本人に整形して潜伏させるという手段を用いているので、元ヤクザだったレギュラー登場人物・ヤッパの鉄が「俺にそっくりな奴が悪事を働いてた!」と驚いた事もあった。
活動の動機としては漫画版において黄禍論によるものであると明言されている。

「死ね死ね団」という名前自体がアレなので、タケシの妹も最初は「なにそれ、マンガみたい」と笑い飛ばしていたが、作戦行動自体は相当に凶悪である。
任務に失敗した構成団員は、ミスターKによるスイッチ操作で処刑され、死体は消滅してしまう(この時には毎回BGMで、バッハの「トッカータとフーガニ短調」が重々しく流れる)。初期は証拠隠滅の意味もあったが、M作戦対策でレインボーマンが国会議事堂に直談判して、全国テレビ中継を行って以降は、日本中にも死ね死ね団の存在が認知されるようになった。
野口は少年時代に野口精作という名前でしたが、坪内逍遥が「当世書生気質」という当時の流行小説を書きました。
の田舎で、鬱々と悩みました。
べストセラーで日本全国の読書家に大いに知られましたが、福島県の田舎で悶々と懊悩してました。
この小説に描かれた「現代の大学生の性格と、いかにだらしないか」という例として、野々村精作という主人公が登場して、これが友人知人や親せきなどから金を借りまくってだらしなく酒浸りになっている生態を赤裸々に描いたからでした。
ことだろうと、思い込み、深く傷つきました。

だいたいにおいて、野口精作は、赤ちゃんの時に農作業に忙しい母から、東北の赤子乳児が入れれた「いちこ」に同じように入れられて育った人です。
お母さん恋しくて、いちこを脱出して、母を求めて畑まではいはいして土間に行こうとした途中で、囲炉裏に落ちて、手にひどい火傷を負うた。右手の指が五本とも灼熱の炭火で溶けて肉がすべてくっついてしまったのです。
それで、小さい幼時から、小学校の級長になったころまで、同級生らから「てんぼう」「てんぼう」と嘲られて成長したコンプレックスの塊少年でした。
しかし、善意ある同級生が「精作君の手を手術して直してあげよう」と、卒業を前に暮らす一同の嘆願として、金を集めて「校長先生、これを精作君の手術のために役立てて下さい」と申し出た。
校長は、えらく感激して「自分もその運動に協力させてくれ」と、同意し、賛同の気持ちを村人と主要な比較的裕福な農家にも趣旨を説明して、村中がこの気の毒な野口少年のために寄付運動に高まった。

なんとこの素晴らしいストーリーは、アメリカで放送されるような善意のエスカレーションを番組でやって、全米から寄付が集まって、むずかしくて金のかかる金持ち共和党の子弟しか生きられぬという無保険自己責任の国でも、たまに話題になるのと同じですよね。
それで、会津若松一の名医といわれた渡辺鼎という外科医に頼んで、見事野口少年の右手は、指が切開されて動くようになった。まことに、医学の進歩と、若松市の経済六力が支えた名医が、いまの野口英世青春道路に喫茶店として旅行者をあつめていますが、これこそが野口少年の未来を切り拓いた渡辺鼎医学博士の医院あとです。行ってみたいだろ。

次に野口少年が行動したのは、この渡辺鼎一家とお嬢さんの住む青春通りの北端にある日本基督協会若松教会でした。目的は日曜礼拝に出席して来る、あの渡辺家令嬢の姿をちらり、ちらりと盗み見することでした。これだから、「当世書生気質」という野々口精作は、野口精作にとって許せなかった。野口少年は次に行動した。「おどお、おがあ。俺は野口英世と名前を変える」と。自分が値を変えれば自分の運命が自分で変えられることを彼は知っていた。というより、信じていた。
礼拝時に彼は何を祈ったろう。不謹慎な内容ではなかったろうと、僕は思う。
彼はこう祈ったはずだよ。「天にましますわれらが父よ。聖名があがめられますように。御国が来ますように」。
これは教会に出席すればわかりまsが、このイエスさまが我々に残してくださった最高の祈りで、ぼくは心の底からこれを信じ、四十年間、教会でのみならず、家でもトイレでも、運転中も、困難なときも、幸福なときも、のべつ祈っています。この祈りとは、
どんな力を秘めた秘密の呪文であるか、知りたいと思いまえんか。ねえ、小西さん。そうだ、小西さん。きょうは2月14日だよ。すごーい。おめでとう。今日は小西さんの誕生日だね、いくつになったの?
「ありがとうございます。78歳になりました。この年でも、そう祝っていただけると、嬉しいもんですね」。
ここの渡辺鼎医師にはかわいい娘がおりました。薫るような芳香のただような、有名名士の医学博士のいとし子なんだよ。十五か」十六でしたでしょ。小西さん、わかるだろ、あの十五kらいの時の女子のかわいらしさは。誰でも思春期の女性ホルモンがどばどば発露されて、そのフェロモンたるや、若者のあそこがびんびんと立つよなフェロモンだよ。あの年の女の美しさは一章で最高のホルモンのせいで、誰でもきれいにさせるのよ。それが恩人渡辺先生の娘なんだから、野口少年の運命はなんと劇的に激変したことか。
20分かっきり。マイクロバスがぼくの家に着いた。
美しい妻が、夕餉のしたくして待っている。
こんな幸福で、すばらしいクリニック通いの終わりに、神様に感謝しないでおられようか。FBの読者のみなさん、ご清聴ありがとうございました。よき夜の知的な素晴らしい充実の時間をたっぷりお過ごしください。ぼくは、バスの中で野今夜の殿堂口演を、活字に起こす仕事が待っていたが、8時までには、書き上げることが出来ました。神と聖霊さまのみちびきに感謝。
みなさんの「いいね」が、一番の励ましのエネルギーになっております。さて、今夜は週末の夜だから、ブンブン

Total Page Visits: 35 - Today Page Visits: 1