2020.3.3 大森の暮らし

さて、このように俯瞰した大森城下のうち、我家から支所までの距離は、小学生にとっては通学路として登下校する適度な距離である。大森街道の数件の商店で日常の用が足りる。三日の朝いちばんでの運転手役の妻に、二三の用件を、昨日から」リクエストしてあったので、ただちに午前九時の町の始動時間から順路を指定して出かけた。朝一番の洗濯がまだ終わらないうちに、さっさと今日一日の私の必要を満たそうと、出かけたのである。
しかし、これが案外にうまくゆかぬのが日常というもので、ささいな会話で炎上してぶつかり、決裂するというけっかになり、血を見ないまでも、双方の心理的な深での傷さえ負うことがある。