伊藤延由さん、長泥の土をサンプリングする


伊藤延由さん

伊藤さんは、飯館村内の土壌の放射線を調査して来た。

ご覧ください。これが長泥地区の土です。
掲げられたのは、サンプルとして示されたわずかな土だ。
会場の聴衆のひとりひとりに、ガイガーカウンターと一緒に見せた。
ピッ、ピッ、ピッ、ピッと、時間を刻むように、放射線量を音のピッチで危険度を示す計器である。この9年間で、すべての日本人が、教えられなくても感覚的に、この音に反応する時代になってしまった。
長泥の土と一緒に掲げて見せると、急に音量はせわしくなった。
ぴピピピピピピピピ。
聴衆の誰もが、一気に表情が変わった。
見えない放射線の危機を、自分の生命の危機を感覚として感じるのだ。
伊藤さんの、天性としての教育者の能力を感じさせた。

Total Page Visits: 101 - Today Page Visits: 1

前の記事

歳末に第九はよく似合う

次の記事

DVD見聞録