高野連の判断、価値観、目的について考察する。

高野連が、春の全国高校野球大会の「観客抜きの実施」を模索す、のニュースを聞きながら、うむ? と引っかかった。
やるともやらぬとも言わずに、11日まで決定発表をひきのばすというのだ。んん? ますますわからん。
なぜぐずぐずと」決断を伸ばすのか、まずわからんない。
同じ時期の別な全国○○高校生の隊かは、すでに潔く中止と発表されている。
ひとり高野連だけがいつまでも決められない。なぜだ?

おいおいちょっと待て。
けさがた、ぼくは近所のセブンイレヴンに電話をかけて、前日に店の玄関わきでみつけたムック本「野村克也」を注文とりおきしておいてほしい、という内容で確認した。
店員はマニュアルどおりに、」こうした」場合、「ちょっとお待ちください」と、確認しにいった。