戊辰戦争の真実3

戊辰戦争について、面白くて真実を多くふくみ、また会津の人々に熱狂的に愛されているのは、五月女貢という作家である。その「会津士魂」という膨大な長編小説である。
いまなら、星亮一先生だろう。
星先生は、福島民報という福島県第一最大の発行宇数を出しているトップの地方紙で、小針暦二社長時代には政商と呼ばれた一時期に悪評にまみれたが、あとはまじめな普通の新聞だった。郡山市にFCTという第二のテレビ気欲が誕生したときに、星亮二先生は制作部長として員ぽうしゃからスカウトされ、記者の中には有能な渡辺さんという元朝日新聞に記者なども支えていた。
この最良の時代に、同社創立10sっ不便記念の年に、稀有なる大事業をおったてた。
「ふくしま文庫」という一大出版事業であった。
今回は再度ストーリー「ふくしま部におものがたり」の一説おご紹介してみたい。