患者二上、小西運転手に財務省新札機密情報を講義す

新札予定が、一万円だけ福沢諭吉だけ継続になった本当の理由についての小西運転手だけに教えた財務省機密情報。
小西運転手のために。

小西運転手への特別講義とキリスト教伝道のエピソードで、書き忘れていた逸話も書いておかねば型落ちだろう。
その日は、「なぜ今度採用になった新札のデザインが、誰の肖像なのか、なぜ一万円だけ変わらなくて福沢諭吉のままなのだろうか」という授業。

まあ財務省は、ときどきお札を変えます。北挑戦は、すごい印刷技術を持ってますから、アメリカの一万にあたる$100ドル札の印刷技術はアメリカ本国よりもすごい。
スリランカに行く途中で、どこだっけか、トランジットする東南アジアの国シンガポールだっけかのレジで、100ドル札をじっくり15分ぐらいニセ札検知機で調べられたのを覚えている。東南アジアで100ドル札出すのは、ニセ100ドル札で給料を本国で支払われてやってくる北朝鮮の外交官か、スパイか、朝鮮人だか顔がそっくりの日本人観光客のぼくぐらい。それでひっかかったのね。
だからみすみす世界中の富を、北朝鮮とニッポンの経済ヤクザに掠め取られぬように、時どきデザインを変えて、ニセ札印刷防止の最新技術を導入するためだ。肖像画に気をとられてはいけませんよ。

ところで、日本の首相で慶應大学を作ったのは誰?
誰でしたっけ。小西運転手への特別講義とキリスト教伝道のエピソードで、書き忘れていた逸話も書いておかねば型落ちだろう。
その日は、なぜ今度採用になった新札のデザインが、誰の肖像画なのか。これこれこれ、と説明して、
「一万円は福沢諭吉ですよね。今のお札ですよね」
はい。
最近の総理大臣で、慶應大学卒の超有名な人物は誰?
ん~。

あのね、小西さんにだけ特別に、財務省の機密情報を教えておきます。大好きな法政の同窓の大先輩だから、特別ですよ。
はい。ありがとうございます。
なにそろ、小西さんに教えてレルのは、この送迎者で家に送ってもらう20分しかないんだからね。
一度だけ言いますよ。時間がないんで。

答から言います。
財務省で、新札のことを官僚が話していた。
そこへ人気のあるカリスマ元総理大臣の小泉さmmがとおりかかったのね。
それで、官僚しか知らない新札情報を見ちゃったの。
新しい一万円札は、発表されるのを待っていたの。安陪総理の裁下を待ってたの。
でも、今はやめてるけど、元総理の権限って、そりゃあ大変なものがあるわけ。
それで、通りがかりに見つけた新札のリストにけちは突けないけど、口をはさんだの。
おいおい、君たち、ぼくが慶應大学の名誉卒業生なのは知ってるよな。創立者の福沢諭吉先生をどれほど尊敬してるかも、君たちは言ってるはずだよな。

この現場にいた官僚の一人から裏はとれてる。

それで決まり。
官僚たちは、すぐにリストを変える会議を急いで開いたのよ。

安陪総理にこれ上げて、また変なこと言われて財務省案えちをうけられたり、一万円札の」デザインに、山口県出身の、ぼくの最長内閣総理大臣就任記録が黄綬されるまで伊本一だった、温ら太郎陸軍大将の桂太郎さんあたりにいろなんて割れたりしたら大変だ。小泉先生の案で行こう。これならあの」糸馬鹿だから、あからんだろ、と。

わけではなく、完全にぼくが面白く味付けした妄想で、いまFBのために」つけくぁえた笑い話です。
それ以外は、数日前の事実を忠実に活字に再現しました。