アパホテルの挑戦 

福島市の駅西口のアパホテルはすごい。軽度の新ウイルス罹患者の収容施設として、他の宿泊施設とは反対に人の遠避けたい患者の収容先に真っ先に手を挙げて、医療施設の足りないインフラ部分を率先して社会のために役立て、自助努力で収益を稼ぎ出す精神は、もともとアパホテル創業精神である。
国家と地域社会のピンチを救って、自社発展のチャンスに活かす。こういう人が伸びるのだ。古き善き伝統の名声に胡坐をかいて天動説的な自己中心的にえばっていると、たちまち経営は傾くであろう。時代の状況と要請に応えてみずから汗をかいて、新たなサービスを開拓してゆく該当ホテルのような地動説的な独立精神こそが未来の栄冠を獲得する。