原町無線塔、朝日座など福島県南相馬市原町区(旧原町市)の文献を公開

渡辺茂代子から神尾千鶴子への手紙

中村屋の人々中村屋の庭で従業員と家族。右から二番目が茂代子。一人おいて前列左へ朝子、治子、三枝子(写真提供)。東京の疎開児童をあずかっていた期間中の写真。

127 七月四日
福島県耶麻郡木幡村上林第一学寮 神尾千鶴子様
中村屋 渡辺茂代子
千鶴子さん今日は御便ほんとうに有が度ふ御座居ました
無事山都に着いたとの由何よりでしたね、
可愛い千鶴子さん等とお別れして早や十日になりましたね、
皆さんの行った後の仲村屋は嵐の後の様な静さですよ、
大部大和の方にもなれた事でせうね いかがですか
皆さんが行けば楽しみなのは唯山都にいらっしゃる可愛一皆様のお便りだけです 先日一番早く田島さんからいただきました それから四五日前男の中野さんから次がいちばん好きな千鶴子さんからです
露木さん生井さん須々木さん荒川さん伊藤さんより未だ来ていません
毎日学校から帰ると嬉しいのは皆さんのお便りのある時です
相馬の方も大部暑くなって来ましたよ私も今は半袖の服を着ています
田植も出来あたり一面きれな田となりましたよ
思い出せば去年の夏始めて鹿島にいらしてから約十ヶ月の間、朝な夕な共に暮らしていざ別れるとなると悲しいものね二十二日汽車の窓からサヨナラ ゝ  と手をふる皆さんの可愛姿の どうしても涙が出てなりませんでしたでも国のためと思ふとなんでもありませんわね、
別れ近かくなってから毎日練習したオドリヤウタが今なつかしくてなりませんね 千鶴子さんはなかでも特にお上手だったわね、いただいた写真を見てはお思い出していますのよたまにほかにも似合わぬ事をいふ千鶴子さんだったわね、最期の日皆んなで裏の土手に遊びに行き朝ちゃんと田島さんと神尾さんの三人がのこされたのねそして私達が帰って来た時の神尾さんのあのベソをかいた顔が今更懐かしくてなりません
御便寄りによれば裕ちゃんと一しょの事嬉しい事でせうね、千鶴子さんのホクホク笑ふ顔が思い出されます、嬉しいでせう、心からお喜び申し上げます
千鶴子さん私の私より願ふのは先生や神尾寮母さんのお言つけをよく守ってヨイコになって下さいね、
露木生井荒川伊藤鈴木さん外中村屋の方々によろしくね、
では元気でね
神尾千鶴子様
かしこ
茂代子
あとになりましたが別れの時には色々の物有が度御座居ました
(※中村屋旅館の封筒を使用、便箋一枚、末行のみ裏面)

お気軽にお問い合わせください。 TEL 024-546-9261 受付時間 9:00 - 18:00 (月・水・金曜日除く)

PAGETOP
Copyright © おはようドミンゴ・二上英朗 All Rights Reserved.