◇◇ついに自衛隊◇◇ の車両、各県警のパトカーも、とんと見なくなった。「と、おもっていたら今日、三重県警のパトカーとばったり、久しぶりに他県警の車両。」「緊急時避難準備区域」の解除にともない撤退する自衛隊、各県の警察、ボランティアのみなさん長い期間の活動御苦労さまでした。「緊急時避難準備区域」が解除になった原町区では仮設住宅が次々と建設され、12月には新たに仮設住宅が建設予定。  ・・・つづく・・・そのうち・・・ 2011.11.30

◇◇ついに路線バス◇◇ 南相馬市から福島への路線バスが変更。原町駅から飯舘、川俣経由で福島駅まで。時間は1時間50分。以前の相馬経由の2時間20分より30分短縮。ただし八木沢、飯舘、等放射線の高い所を通過する。又、常磐線の原ノ町駅から相馬駅までの電車も再開通の予定。少しづつではあるが復旧、復興している模様。・・・つづく・・・そのうち・・・ 2011.12.13

◇◇ついに電車再開◇◇ 12月21日、常磐線原ノ町―相馬駅間(20.1キロ)が震災から9カ月ぶりに再開。原ノ町駅発下り17本、相馬駅発上り18本所要時間は約20分。原ノ町駅~広野駅と相馬駅-亘理駅(宮城県亘理町)は復旧の見込みはない。・・・つづく・・・そのうち・・・ 2011.12.21

◇◇ついに三学期◇◇ が始まる。しかし6割の生徒が帰ってこない。1月10日からは高平小、太田小、原町二小で、来月27日には、原町区石神地区にある石神一、二小と石神中、原町三中の計4校が再開する予定。これで南相馬市内の全小中学校が再開される。・・・つづく・・・そのうち・・・ 2012.1.10

◇◇ついに六号線◇◇ の側まで流されていた漁船が片付けられて残るは二艇。少しづつ復旧、復興が進んでいる模様。仮設住宅も増設されている。近くの公園では表土を削った跡にリアルタイムの太陽光線量計が設置されいる。覗いて見ると、電光掲示板は0.23を指していた。福島県ではこのようなリアルタイムの線量計か゛何千ヶ所もあるという。これらはパソコン等で検索できるという。これ以上線量は下がらないのか、小さい子供のいる家庭は帰ってこない。近くの幼稚園では300人の児童がいたのに今では50人足らずという。夜の駅前通りは人通りもなくさみしいかぎり。通りの商店も数軒しか開いていない。車で走ってみるも食堂は一軒も営業をしていない模様。・・・早いもので、もうすぐ東日本大震災から一年・・・つづく・・・そのうち・・・ 2012.2.23