山本薫 大正12.4.16.徳島県小松市 陸士56期 鉾田陸軍飛行学校原町分校襲撃分科

誠31飛行隊 陸軍特攻「武揚隊」隊長
原町・布川家に下宿。
昭和20.5.13.沖縄・中城湾海面に戦死
八塊飛行場を16時50分発進、沖縄周辺の敵艦隊攻撃のため19時30分突入。
同乗者 陸軍少尉五十嵐栄(山形県)
陸軍伍長柄澤甲子夫(長野県)
「最後の手紙」
愈々晴の特攻隊長として出撃、
途中で死んだ部下もあります
その仇討ち
近頃つくづく死ぬは悲しむ事にあらず、悠久の大義とは何かと言ふ事を悟り喜んで死ねます。修養はむつかしいものですね、薫も今やっと完全な人間となる事が出来ました
薫より
母上様