原町無線塔、朝日座など福島県南相馬市原町区(旧原町市)の文献を公開

太平洋と闘った八沢浦干拓

郷土の先行者たち 第5回 山田貞策 出崎栄太郎  太平洋と闘った八沢浦干拓 

◇名所だった藩政時代の八沢浦八景
 八沢浦はJR常磐線鹿島駅から東へ一里4キロばかりの所。昔じゃ八沢村、日立木村、磯部村の3村5大字にまたがる約350町歩の広大な浦だった。
 南北1キロ、東は洋々たる太平洋に面して白砂青松の松林と砂浜が続き、波濤が運ぶ砂によって川口が閉じられ、西端には横手から発する矢ノ口川が注いでいた。
 相馬藩時代には塩田経営が行われ、日照りの時には「てっかり千表」といって、一日二千俵もの塩が採れた。
 八沢浦の北岸は断崖絶壁で岩の上に緑の松が生え、屏風岩とか額岩とか亀岩や大明神岩など、八沢浦八景と名付けられてメイショであった。
 鷹ノ巣岩というところは、この崖から八沢の長者が突き落とされて相馬氏に滅ぼされたという伝説がある。

◇大食漢の仇名「八沢浦」
 八沢村の人々は、大食漢のことを「あいつは八沢浦だ」とあだ名をつけて呼ぶ。小川が流れ込んで、海へのはけ口がない、呑み込むばかりで吐き出すことを知らない、との洒落である。
 この浦を開拓して開田しようと試みた人はたくさんあったが、すべて失敗に終わった。
 数奇なめぐりあわせによって岐阜の豪農山田貞策と大阪の人で崎栄太郎が八沢浦の干拓に乗りだした時にも、村人たちは「またあの沼に銭を捨てに来た」と言ってみな笑い飛ばした。
 事実困難な干拓事業はそうやすやすとは完成しなかったのである。
 
◇ 技術界のパイオニア
土木を専攻する人は、日本の土木の歴史のパイオニアのなかに出崎式排水機の発明者出崎栄太郎の名前を見つけるだろう。
 出崎は安政六年、和泉の国南郡の岸和田に生まれた。現在の大阪府泉南郡。
 小さい頃から機械に興味を持ち、大工であったが、博覧会で見た英国製の紡績機械を大福帳にスケッチするや、たちまち自分の手で紡績機械を作ってしまうほどの器用さと、抜群のアイデアの持ち主であった。
 明治十二年、出崎栄太郎は日本で初めての紡績機械を作ったのである。時に二十一歳であった。
 明治二十五年、出崎は岐阜の山田貞策という男から一通の手紙を受取った。これが出崎と山田の最初の出会いであった。山田貞策は地元の農業の若ての指導者で、この時二十五歳である。
 山田は出崎に、木曾の輪中地方の改良について一つの事業を誘いかけたのであった。すなわち毎年輪中地方を襲う洪水の災禍から百姓たちを救うために、出崎栄太郎の技術を以て排水機を完成させるという計画である。これは銃さん年の歳月をかけて明治三十八年、ついに「出崎式排水機」の完成をみた。
 八沢浦干拓に着目したのは佐納栄三郎という岐阜の鉱山技師であった。佐納は炭田調査のために上真野村を訪れたのだったが、たまたま鹿島町中村屋旅館の番頭に誘われて見物に行った八沢浦で、すぐに干拓事業という可能性のとりこになってしまった。佐納の紹介によってこの地を知った山田貞策は「出崎式排水機をもってすれば簡単」と出崎栄太郎親子を事業に誘ったのだが、排水のための工事は難渋をきわめ、太平洋という怒涛の大自然と闘うことになる。
 山田は多額の金をつぎこみ出崎の新型排水機は四万円かけて発注して作らせた特別製のものであったが動かず、大変落胆し、山田は事業の中止を考え、出崎は残念の気持ちを抱いたまま病床に倒れ込む。
 明治四十年十二月九日の着工から3年、明治四十三年八月八日、出崎栄太郎は干拓の成功を見る事なく、肺患のため開拓地に没した。

◇技術界のパイオニア
 山田の弟服部正夫は、挫折している兄の姿を見て、この事業に宗教的な信念の必要を感じて、教会の門を叩くことを兄に勧めた。貞策は弟の勧めに従い、酒もたばこも断って事業に専念。ある日説教を聞こうと、教会を探しに近くの小高の町を訪れた。
 山田貞策はここで、のちに堅い友情を結ぶことになる青年牧師杉山元治郎に出会うのである。杉山の存在は、干拓事業の精神的な支えとなり、技術的な指導は父の遺志を継いだ出崎猪之介がすべてを取り仕切って率いた。
 猪之助の意見によって、排水機による排水を諦め、湖面の海面より高いのを利用して岩盤隧道から排水する考えに突き当たり、以前に沿岸住民が一致協力して明治九年浦口北方海岸に突起している砂岸層の山麓に隧道を掘ったものがあって、幅六尺(1.8メートル)高さ五尺(1.5メートル)の、この古い隧道の砂を浚ってゆくと、湖水が海へ流れ落ちない工事ミスを発見した。
 地域住民による開削トンネルは、もう少しで干拓に成功する手前寸前だったのである。つまり両方の口の高さだけが測量図通りで、トンネル中央が高くなっていたのだ。そこでトンネル中央部分を削って平坦にすると、はたして八沢浦の水面は動き始め、一夜のうちに三百五十町歩の沃田が忽然として眼下に現出したのである。
 
◇12名の犠牲者だし ようやく完成
 酢日山牧師は農学士でもあり、その後入植者たちの農業指導にあたり、夜は説教して精神的な訓話をほどこした。素朴な入植者たちは等しく貧しく平等であり、一種の原始キリスト教的雰囲気の中にあった。
 開田の時に、杉山は恩師であるシュネーダー博士を八沢浦干拓地に詠んだ。博士はこの地に祝福を与え、こう言った。
「ここはモーセが海を取り除いたように神が作って下さった土地です。これこそは奇跡でなくて何でしょう」
 野良着で大男の入植者たちは、敬虔に聞き入り、ひとしおの感動を味わった。
 明治44年、耕地整理共同施行を申請して、同年12月28日許可された。
 出崎猪之介は、同じ年相馬の新沼浦六百町歩の干拓事業のため八沢浦を去った。彼にとって生きる場所は、つねに技術の世界であったから、一つの事業の成功は止まることはなかった。
 猪之介の娘にあたる武口周子さん(相馬市在住)は次のように語る。
 「父は晩年、朝鮮へ渡って干拓事業をする夢をもっていたようでした」
 ひっきょうエンジニアの典型的な生涯を見る思いがする。
 干拓事業成功の後は、山田貞策の娘婿山田茂治が高知整理事業の任に当たった。山田貞策はその後郷里の岐阜へ戻って村会議員と県会議員をつとめた。
 山田貞策の一生の大事業は、このようにして福島県相馬郡鹿島町の八沢浦に残された。出崎栄太郎も山田貞策も相馬の人間ではなかったが、相馬にとっては忘れてはならない人物だろう。そんな意味をこめて、郷土の先行者たちのなかに列せられるべきである。
 その後年々改良を加えられ、八沢浦干拓地は順調に発展したが、不幸にも海底トンネルを掘ったサイフォン式海中排水口から海水が侵入し、大正15年1月、宇都宮清三郎(当時39歳)、佐藤一郎(同22歳)、前川長命(36)の3名が殉難。
 昭和2年7月31日、土用丑の日に、再び砂詰まりを取り除こうとして事故が起こり、人夫8名が死亡。
 上谷地武(38)、宇都宮栄一(27)、小泉亀松(23)、相良亀次郎(37)、大久保幸記(24)、荒運記(25)、今野善助(43)、渡部冬治(38)らである。
 八沢浦干拓機械場にある山田神社の傍社が、彼等犠牲者をまつっている慰霊殿である。
 北海老の小高い丘の上に太平洋を見おろしながら干拓の記念碑は、一つの歴史を秘めながら建っている。

はらまちキリスト教100年史

お気軽にお問い合わせください。 TEL 024-546-9261 受付時間 9:00 - 18:00 (月・水・金曜日除く)

PAGETOP
Copyright © おはようドミンゴ・二上英朗 All Rights Reserved.