原町無線塔、朝日座など福島県南相馬市原町区(旧原町市)の文献を公開

皇華隊の斎藤三郎、小川睦郎、小野田甲子男。19.12.19.特攻

斎藤三郎斎藤三郎小川睦郎p小川睦郎

 

小野田甲子男
小野田少尉について。
陸士57期。鉾田~原町。飛行45戦隊。皇華隊。19.12.19.
フィリピン、ネグロス島。昭和19年10月30日、乙種学生課程を修了し、45戦隊に配属。蒲田、小野田、斎藤、小川の4名は原町から大阪に至り、12月23にクラーク基地に到着。45飛行隊の各中隊に配属。翌日シライ飛行場に移動、レイテ方面の激しい作戦には参加させず、12月上旬、第四航空軍司令部から特攻編成を命令され出頭12月14日、蒲田が先行。マニラのサブラン飛行場に到着。12月19日に後続3名はネグロス島とマニラの間で搭乗機が墜落。
斎藤三郎 陸士57期。45戦隊、皇華隊。12月19日戦死。公報は14日。
戦隊拝命し原ノ町駅を十月六日出発。

小川睦郎は斎藤三郎、小野寺と同乗。ネグロスとマニラ間で消息絶つ。12月19日戦死。公報4日。

「十一月六日早朝、原町駅を発って行った五十七期の航空兵は五名だった。」いのち 二十七戦隊に小山正少尉、四十五戦隊に斉藤三郎少尉、小野寺甲子郎少尉、小川陸郎少尉がそれぞれ配属が決定、赴任のため茨城県鉾田飛行場の本校に向った。

はらのまち100年史

お気軽にお問い合わせください。 TEL 024-546-9261 受付時間 9:00 - 18:00 (月・水・金曜日除く)

PAGETOP
Copyright © おはようドミンゴ・二上英朗 All Rights Reserved.