原町無線塔、朝日座など福島県南相馬市原町区(旧原町市)の文献を公開

05  鎧の呪い 下

ドキュメント相馬野馬追 5
 鎧の呪い
 原町のAさん(63)は、兄から譲ってもらった甲冑で、困った体験があるという。家に甲冑を置いたら、不思議に奥さんが夜眠れなくなってしまったという。人に貸せば、理由もなく鎧が損傷してしまう。どうにも気味悪くなって、また兄の家に返上してしまったという。
 結局、その甲冑は夏のひととき、Aさんの家に置かれただけだった。
 「長いことやってるがねえ、そんな迷信みたいなことは絶対にないよ。色々と先輩たちからは聞かせられたことはあるけど、信じませんね」
 鹿島町で甲冑武具をはじめ骨董品を扱っている塙香は断言した。
 原町市の国道沿いの大型店エスパークで、甲冑と書画骨董の展示即売会を開催中の同氏をたずねた。その時に即座に返って来た答えである。
 「しばらくだね。あんたとは十年ぶり位かな。今まで小山田さんと、小高の佐藤幸治君(表具師)が来てたところだった」
 「オレがこの道はじめたのは十五年前でね。十歳のころから、甲冑が好きで野馬追というと腰弁当で見学してた。この展示会にも、小学生が毎日通ってくるよ。好きなんだなあ」
 甲冑と野馬追が好きで好きでたまらない。そういう少年の日の自分の姿を見るような気持ちなのだろう。
 「本当にそうなんですよオ。兄弟でねえ。毎日見に来るんです。今日もそろそろ来る頃かしらねえ」
 隣で奥さんがさかんに相槌を打つ。
 「要するにね。こう思いますよ。鎧を持ってる人の気持ち次第ですね。私はこの職業には本気で取り組んでいますからね。蛇に化けた刀なんていうのもずいぶん扱ったけど、何も起こらないですよ。それから、血のついた刀とか鎧とか、傷のついた武具なんて、数多く扱っていれば出てくる。でも、かえって、そういうふうなものほど、愛好家には喜ばれることがある。このあいだも、鉄砲の弾が当たった鎧があった」
 「甲冑というのは、身を守る道具ですからね。戦闘で使われるものでなければ面白くないという人もいます。傷があれば三割増しというのが。この業界の相場です。ちゃんと基準がるんですよ。よく、値段をいいかげんに付けているんじゃないかといわれますけど」
 そう言って、刀剣要覧という辞書のような書物を見せてくれた。
 「相馬に住んで永い家なら、色んなことがあります。鹿島のお浜下りだって、お産や忌みごとがった時は、その年には出ないというのが習慣になっている。そういうもんじゃないですか。相馬の甲冑は、ずいぶん出てますね。貧乏したり、困った時に、持っていた甲冑を手放す。だけども、鎧の呪いだなんて、書かれたら恥ずかしいでしょうよ。私は信じない。十五年扱ってて、何ともないですよ」

はらのまち100年史

お気軽にお問い合わせください。 TEL 024-546-9261 受付時間 9:00 - 18:00 (月・水・金曜日除く)

PAGETOP
Copyright © おはようドミンゴ・二上英朗 All Rights Reserved.