原町無線塔、朝日座など福島県南相馬市原町区(旧原町市)の文献を公開

御舟地蔵とからかい森

 福島県相馬郡新地町福田地区に伝わる「御舟地蔵」の話も津波にまつわるものである。そして、この話は1912年(明治45)年5月に編纂された郷土史福田村」の第18章名勝旧跡のことろに、
 御舟地蔵は大字福田にある地蔵森という山の頂上に鎮座している。その昔、舟輪沢というところにあったが、大津波のときに神体が舟をあやつって三兆二移ってきたので、現地の人はそこに祠を作って祀ったという。この地方の漁師たちの信仰には篤いものがある。

 これは繋舟伝説ではないが、東電福島第一原発のある福島県双葉郡大熊町の海岸から8~10km西に入った野上向山地区に「魚畑(いよばたけ)からかい森」という伝説があり、森で貝が拾えたということが言われている。これは「大熊町史」第一巻・通史(大熊町、198⑸年3月)1212頁に紹介されているが、1930(昭和5)年頃に作られた謄写版の「双葉郷土史」に再録されていたものである。
 

はらのまち100年史

お気軽にお問い合わせください。 TEL 024-546-9261 受付時間 9:00 - 18:00 (月・水・金曜日除く)

PAGETOP
Copyright © おはようドミンゴ・二上英朗 All Rights Reserved.