原町無線塔、朝日座など福島県南相馬市原町区(旧原町市)の文献を公開

001 慶長16年の津波

慶長16年の津波
 原町市時代の南相馬図書館に古文書を調査しに来訪した東京大学​の地震学研究所の教授に会ったことがある。日本史上の大きな地震​の記録を地方の古文書に求めたプロジェクトだという。
 残念ながら、原町の図書館は、明治以来の新開地で後発の施設で​蔵書も貧弱で、特に近代以前の記録が皆無であることを説明し、相​馬の図書館を紹介した。
 相馬市の図書館には「相馬藩世紀」という歴代藩主の冠婚葬祭や​政治祭礼を中心とする古記録があり、この時には発見されなかった​四百年前の1611年すなわち慶長十六年の項目に、たった一行だ​が「十月廿八日、海辺生波ニ而相馬領ノ者七百人溺死」とあること​が、最近の研究で明らかになった。
 盛大な「中村移城四百年祭」が準備されていた昨年、予想外の大​地震と津波に、慶長の惨事が再現されしまった。慶長年間は、大地​震が日本各地に繰り返し、津波被害が頻発した地殻の活動期にあた​っていた時期。有名な東海や会津の地震に隠れて、宮城にも相馬にも大津波があって、ほぼ昨年に匹​敵する溺死犠牲者を出した事実は最近知られた。
 自然史は、湖沼の底に、堆積地層に、大規模津波が運んだ海の砂​の層を山に水底に残して、地殻変動の記録を残している。人文史に​は、古文書という形で人間社会の記憶を残し、それぞれ神の備えと​なっている。
 歴史も科学も協力することで、さらに深い真理に至る。

はらのまち100年史

お気軽にお問い合わせください。 TEL 024-546-9261 受付時間 9:00 - 18:00 (月・水・金曜日除く)

PAGETOP
Copyright © おはようドミンゴ・二上英朗 All Rights Reserved.