原町無線塔、朝日座など福島県南相馬市原町区(旧原町市)の文献を公開

昭和天皇の原ノ町駅巡幸

昭和天皇の原ノ町駅巡幸
img525
戦後の第一回民選町長渡辺敏の回想
「昭和二十二年三月、公選第一回の原町町長に選出された私は、たった四日間で、ガラリと変わった立場に置かれてしまった。今後の原町をどう持って行ったらよいだろう。その前に、日本政府は国民をどう以ていこうとしているのか。その為の憲法がいつ発布されるのかも分からなかった。(中略)
新予算提出。議会中特に頭に残る事項は樺太引き揚げ者百四十名を、原町で受け入れてほしいという県からの申し入れ事項の件であった。
この件で、M議員は「原町はこれ以上の人口増加をされては困る。町長は県の申し入れを断れ」と意気まいていた。それだけ衣食住のくるしいときであった。
昭和二十二年八月、天皇陛下が戦後の東北地方住民に対し、慰問を兼ねてご巡幸なさる旨が発表された。私はぜひ、原町駅にご駐車いただきたいと、石原知事を通して申し入れた。数日後、宮内省より許可があった旨を県から連絡があり、町民も町議会も大変喜んでその日をお待ち申し上げた。」(渡辺敏「原町こそわが命」)

はらのまち100年史

お気軽にお問い合わせください。 TEL 024-546-9261 受付時間 9:00 - 18:00 (月・水・金曜日除く)

PAGETOP
Copyright © おはようドミンゴ・二上英朗 All Rights Reserved.