●19歳の少年特攻兵の無念を忘れない
昨年10月25日に、南相馬出身の神風特攻隊第一号の最後の慰霊祭が行なわれた。
神風特攻隊の第一号である敷島隊が、昭和20年の同日にフィリピンの日米両軍の最前線のオルモック湾で米国艦隊の空母に体当たり攻撃を挙行してから70年たった。隊長関大尉に続く二番機に乗っていた当時十九歳の中野磐雄一等兵曹は南相馬市原町区の出身で、遺族や同級生らによる式典に参加した。
毎年恒例の顕彰慰霊祭は夜の森公園の記念像前で開催されてきたが、主催者の同級生は90歳になり、高齢ゆえ今年で終了するという。すでに戦争の記憶は遠くなった。
国民学校と呼ばれた小学校で、狭い町内の子供たちが遊んだ夏の河原での水浴や、本陣山でのごっこ遊びなど、土地に根付いた記憶とともに、昭和の思い出を主催者から聞いた。
国策とはいえ、戦争は若い世代の命を犠牲にし、純粋な愛国心を持った少年飛行士は時代の制約の中で精一杯の生命を燃焼させた。平和な後世の平和で豊かな時代に生まれ育った私どもは、彼ら戦没者の人生で果たせなかった多くの夢を背負って、彼らの無念を忘れてはならない。
原町の歴史のエポックとして書いてゆきたい。
福島民報「ひろば」