原町無線塔、朝日座など福島県南相馬市原町区(旧原町市)の文献を公開

国華隊渋谷健一大尉

父恋しと思はば空を視よ
父より 倫子並に産れ来る愛(いとし)子へ

父は選ばれて攻撃隊長となり、隊員十一名、年歯僅か二十歳に足らぬ若桜と共に決戦の先駆となる。死せずとも戦に勝つ術あらんと考ふるは常人の浅はかなる思慮にして必ず死すと定まりて、それにて全軍敵に総体当りを行ひ、尚且つ、現戦局の勝敗は神のみぞ知り給ふ。真に国難といふべきなり。父は死にても死するにあらず、悠久の大義に生きるなり。

一、寂しがりやの子に成るべからず母あるにあらずや、父も又幼少に父母病に亡したれど決して明るさを失はずに成長したり。まして戦に出て壮烈に死せりと聞かば、日の本の子は喜ぶべきものなり。父恋しと思はば空を視よ。大空に浮ぶ白雲に乗りて父は常に微笑て迎ふ。

二、素直に育て。戦ひ勝ても国難は去るにあらず世界に平和のおとづれて万民大平の幸を受ける迄懸命の勉強をする事が大切なり。二人仲良く母と共に父の祖先を祭りて明るく暮すは父に対しての最大の孝養なり。父は飛行将校として栄の任務を心から喜び神州に真の春を招来する神風たらんとす。皇恩の有難さを常に感謝し世は変る共忠孝の心は片時も忘るべからず。

三、御身等の母は真に良き母にして父在世中は飛行将校の妻は数多くあれ共、母程日本婦人としての覚悟ある者少し。父は常に感謝しありたり。戦時多忙の身にして真に母を幸福に在らしめる機会少く父の心残りの一つなり。御身等成長せし時には父の分迄母に孝養尽くせるべし。之父の頼なり。

戦時多忙の身にして真に母を幸福にあらしめる機会少く、父の心残りの一つなり。御身等成長せし時には父の分まで母に孝養つくさるべし。之父の頼みなり現時敵機爆撃の為大都市等にて家は焼かれ父母を亡ひし少年少女数限りなし。之を思へば父は心痛極りなし。御身等は母、祖父母に抱かれて真に幸福に育ちたるを忘るべからず。書置く事は多かれど大きくなったる時に良く母に聞き母の苦労を知り決して我儘せぬやう望む。

渋谷健一大尉と夫人


Fatal error: Allowed memory size of 41943040 bytes exhausted (tried to allocate 53248 bytes) in /home/sunsunmylife/www/domingo/wp-includes/class-walker-page.php on line 198