原町無線塔、朝日座など福島県南相馬市原町区(旧原町市)の文献を公開

原町飛行場が出来るまで

原町飛行場ができるまで
昭和10年 県営飛行場の誘致

県立飛行場設置と県庁舎改築
釘本君熱弁を振ふ
賑やかな県会返り初日
県営飛行場設置に関する緊急建議
近代の進運に伴ひ空中運輸の途拓け軍事上は勿論産業上益々これが発達をせんとする好適の飛行場の発着なきは甚だ遺憾とする所なり、然るに相馬郡俗称雲雀ケ原は東京仙台間の中央に位し従来幾多飛行機の着陸離陸に供し殊に軍部方面に於ても既に好適地として実証せられつつあるを以て之てに適当なる補修を加へ県営として飛行場設置の場合は其の費額に対し相當助成あるべしと聞く、又地元民を於ても之が調査を設け建県営飛行場設置の計画を樹立せられんことを望む
提出者
釘本 衛雄
佐藤 政蔵
太田秋之助
昭和10年3月23日民友

昭和11年8月3日 原町短波(二日)
雲雀ケ原飛行場の周囲もいよいよ本格的に実現可能性を加へ陸軍省では極めて最近に臨時練習場として向ふ二ケ年間使用することを申出でられたので、地元原町は開いた口にボタ餅! 二十九日関係委員連が第二師団へ駆付け経理部へ打ち合わせを行ふなど最近の原町々政上には大なるセンセーションが巻起ってゐる
×
県立相馬農蚕学校々友会では同校の実費設備資金の造成を兼農家慰安の目的で八月一日より一週間映画会を左の各地を巡回することになった一日大みか、二日石神、三日上真野、四日新山(双葉)五日原町 六日八沢 七日原釜 因に画は「親を呼ぶ鳥」「権八二重想」「豪傑花嫁」など新興キネマの特作品である

昭和11年8月11日 原町防空思想宣伝
県立相馬農蚕学校主催防空思想普及映画会は九日午後八時より原町旭公園内納涼会場に於いて開催された夕涼みがてら参会せしもの無慮三千を数ふの盛況で原町郷軍分会及び防護団員等がすべてを斡旋し口野軍政分会長開会の趣旨を述べ福島連隊司令部付中村少佐の防空思思鼓吹の演説ありていよいよ当夜の主題たる「防空日本」七巻を映写した、当夜は野外の事とてトーキーの施設なかりしも一軍人により解説され遺憾なきを期したので大成功を収めた閉会せしは十一時土用明けの夜更けはいとど涼しさを加へてゐた


               昭和11年11月 原町飛行場場開場
 飛行場は原町競馬場に隣接して設置された 昭和12年 相馬農業学校の原町飛行場見学  

昭和14年 石神村より
追はれる部落民
雲雀ヶ原の七十七戸 太田村長に苦衷を訴ふ
相馬郡石神村地内雲雀ヶ原の一部が将来重要国策地として収用を見ることとなり此の区域内には大字馬場及び南大木戸の両部落中七十七戸の全農家が他に移転せねばならぬ運命におかれることになったので地元村当局は固より県当局でも之れが善後策に乗出し旧蠟中県経済更生課より成島技師等来村如上の部落民と会し満州入植につき慫踊懇談するところあったが遺憾ながら一人の希望者もなく当局の苦心は徒らに水泡に帰してしまったのであった、然るに同部落民の大半は小作農家であるが他に移転するとしても今だに適当の換地を見出し得ず移転期限の逼迫を前にして身辺整理にいづれも焦燥懊悩してゐたが十五日午前十時同地部落民代表古小高五郎、林崎右馬治氏等外数名が突如石神村役場を訪問、村長太田秋之助氏に対し長文の陳情書を提出し善後策考慮方を要求して来たので太田村長は取りあえずこれを受理し慎重その内容を検討したる上何分の回答を為すことを約して別れたるがその陳情書の内容を要約すればおよそ左の如きものといふ

吾等の部落に対し他への移転問題が台頭するに及んで俄然附近の地価が暴騰しそれに諸物価、雇人料等も上騰し搗っし人夫払底で我等は移転先に迷ってゐる我等は元来無資力の小作又は小自作者なれば過去永い間農村不況に祟られてまったく疲弊の極に達してゐる、最近漸く好況に向って来たと思ったら此の土地を立退かねばならぬ、然るにその土地買上補償料では一家の生計はおろか他の既墾地を求めることも出来ぬ、況してや未墾地に移住して数年間の無収入時代をどうして過すことが出来やうぞ、茲に連名一同は途方に暮れてゐる、此際何分のご同情を賜はり我等の嘆願理由を諒としていただきたい(要旨摘録在文責記者)

一月十五日 七十七名連署
相馬郡石神村長宛

昭和15年1月18日民報
注。記者は民報原町支局佐藤一水、安治と思われる。一部誤字を訂正した。

昭和15年 石神村より

相馬郡石神村大木戸地内に重要国策地設定のため同部落農家八十四戸が他に移転の已むなきに至りすでに六十戸の移住先が策定せし旨を報じたがその後に至り続々候補地を選定、早きはすでに立退きを開始した向もあり遅くも今月中には大半移転し得る情勢となり村当局も漸く愁眉を開くに至った、その移住先は大凡そ左のやうである

△太村田大木戸部落へ七十二戸、原町四戸、太田村三戸、小高町一戸、計八十四戸

右の要立退地内を貫通してゐた県道原町ー椚平線が国道の分岐点を付替へ約三キロを新設することになり、石神村がこれが浩二を請負ひ三月末日までに醸成せしむることとなったが同村では二日午後一時大木戸字松島地内の現状で起工式を行ひ午後原町魚本で直会執行
昭和15年3月5日民報
 
 最初の飛行機訓練事故
 昭和十五年八月十七日、開場したばかりの熊谷原陸軍飛行原町分教場で練習中の事故が起きた。緑川一良(いわき出身・八十二期下士官操縦学生)が、上空から転落し殉職した。
 濁沼憲兵は「原町飛行場で十月中旬に」と記憶する。練習機の教官はシートベルトを締めたものの、学生が締め忘れて搭乗したため、原町下渋佐と大甕村境界の上空で、気圧ポケットに入って谷地に落下し死亡した。学校から通報があり、柴田班長以下三名が自転車で現場に急行。検証したが、飛行機は海岸近くの浅瀬に不時着していた。教官は軽症で無事だった。原町と大甕の消防団員により死亡した搭乗員の遺体は学校に収容された。機体は引き揚げて解体し、学校に搬送した。これが、原町分隊が扱う最初の事件となった。
 昭和十五年十月下旬頃、北海道旭川師団軍法会議から、東京第一師団軍法会議に、青森発上り常磐線廻り急行で護送中の兵士が逃走した。警士二名は捕縛手錠の被告人が原ノ町駅通過中に目を覚ました時点で逃走に気付き、平駅に到着してから原町憲兵分隊に電話連絡した。隊では警士を出頭させて聴取書を取り、隊員全部に非常呼集。二名ずつ二班に分かれて付近の沿線を捜索。翌日、浜通りの警察に手配。意見書を付して通報した。
 駅から50メートルほどの場所に庁舎が建設され、これは時節柄、シナ事変の進展に呼応するかのように突貫工事で進められて、十二月三十日までには完成落成した。新しい備品類も本部から続々と届き、大晦日には仮事務所から隊員全員が総力を挙げて引越し作業を終え、全員が営外居住なので簡単に祝杯を上げた。隊員は役所の紹介で下宿していた。

つづき

太平洋戦争の開戦と飛行場敷地の拡大


Fatal error: Allowed memory size of 41943040 bytes exhausted (tried to allocate 69632 bytes) in /home/sunsunmylife/www/domingo/wp-includes/class-walker-page.php on line 198