原町無線塔、朝日座など福島県南相馬市原町区(旧原町市)の文献を公開

浪江の磐城津島駅舎で映画上映

 浪江町と合併する前の津島村には戦前からかつては国鉄バスの磐城津島駅があって、駅長、助役、技工士、運転手、車掌など大勢の人が働いていた。駅舎が何時出来たのか定かではないが、敷地は今野洋一氏の先祖が提供したと聞いている。
 駅舎には、修理作業場、駐車場、薪の保管場所があり、た国鉄のトラックが常駐して貨物も扱っていた。駅舎の後ろに職員宿舎があり、学校を除けば地域内で見っとも立派な建物だった。ほとんど満杯に埋まっていたが、松川事件の頃にレッドパージがあって組合員が整理され、また自家用車など交通機関の発達に伴って次第にこの体制は崩れていった。
 駅舎の思い出として記憶に残るのは、映画館として利用されたこと。私が最初二見tら映画がここで上映された。今思えばミュージカル形式の無声映画で、題は「狸御殿」。何故か弁士はつかず、画面だけが動いていた。
 その駅舎で火事があった。内部は殆ど焼け落ちたが、鉄骨・モルタル造りの外観は残され今に至っている。その際の原の石井恒雄さんの武勇伝が語り草になっている。恒雄さんは、燃え盛る建物内に飛び込んで、燃料などが入っていいるドラム缶を運びだしたのだ。しかし、全てを運び出すことは叶わず、残された燃料・オイル・グリースなどは爆発し、その音は凄まじかった。「私も瓶にグリースを詰めて盗んだのだ。」と今野氏は懐旧する。

ふくしま映画100年

お気軽にお問い合わせください。 TEL 024-546-9261 受付時間 9:00 - 18:00 (月・水・金曜日除く)

PAGETOP
Copyright © おはようドミンゴ・二上英朗 All Rights Reserved.