福島新聞・大正2年

福島座、新開座、大正館とも芝居や義太夫が中心の演芸娯楽を情炎していたが、時折活動写真の興行もやっていた。
このころ「ヂゴマ以上の悪魔」連載
1.8.福島座の活動
1.18.通俗教育幻灯随行記
1.29.通俗教育と講習会 安達郡太田村通俗教育会 石城郡第四区通俗教育会 赤十字幻灯会 安積郡
2.16.福島座演芸
3.1.大正館に
3.8.大正館演芸
5.3.南極探検の活動
6.21.大正館義太夫
5.29.女ばかりの大正館
6.29.福島座活動
9.12.大正館義太夫
9.21.岩沼座なる活動
10.10.十八日の大正館
10.19.廿四日中町小隊で同日夕大正館で 山室軍平
10.23.大正館に変更
10.26.山室大佐の熱弁 大正館の講演盛況
10.24.赤十字幻灯 眼前口頭 救世軍の女 北条安吉について「北条安吉を助役にすれば葬式に困らない」と噂。
昨日今日 佐次郎収監中