原町無線塔、朝日座など福島県南相馬市原町区(旧原町市)の文献を公開

あばれ振袖 1955 

解説
高木彬光の原作を「悪太郎売出す」の八尋不二が脚色し、「獅子丸一平」の萩原遼が監督、「幻術影法師 二部作」の藤井春美が撮影を担当した。主なる出演者は「獅子丸一平」の中村錦之助、喜多川千鶴、「石松故郷へ帰る」の堀雄二、「美女と怪龍」の田代百合子、「薩摩飛脚 前篇(1955)」「続・薩摩飛脚 完結篇(1955)」の進藤英太郎、「次郎物語(1955)」の龍崎一郎など。
ストーリー
相馬家六万石の家中では当主重胤の重病につけ込み、江戸家老外村伝右衛門を盟主とする陰謀派が、当主の御落胤柳太郎を亡きものにし、そのお墨付を奪って、伝右衛門の妾腹の子新之助を世嗣に仕立てようと策動していた。江戸は神田明神の境内で、柳太郎は刺客の襲撃を受けるが、危く叔父に当る義賊蜘蛛六に救われた。同じころ、柳太郎のいる日満寺を刺客が襲い、お墨付を入れた仏像を盗み去った。駈けつけた柳太郎に瀕死の日海和尚は、本物の仏像は国許の日念和尚のもとにあるといい残してこと切れた。この話を盗み聴したのは伝右衛門一味の女賊、稲妻お滝である。柳太郎が日海の仇とめざす宗十郎頭巾の男こそ、実は大目付榊原主計頭の替玉で、無類の豪剣を誇る左文字内匠だった。この誤解を利用して伝右衛門一味は内匠と柳太郎を富士見稲荷におびき出し、一挙に倒そうと謀った。不幸、柳太郎は伝右衛門の短銃に射たれて崖下へ転落したが、中村梅之丞一座に助けられ、座長の娘お園の看護を受ける身となった。その柳太郎のところへ蜘蛛六が来て、国許の日念が仏像を携えて江戸に向う途中、お滝に毒を盛られたと告げた。駈けつけた柳太郎に日念はお墨付を奪われたことと、柳太郎の素性を打明けて息をひきとった。蜘蛛六と伝右衛門の屋敷に忍び込んで陰謀を確めた柳太郎は、大目付榊原主計頭を訪ねた。かくて柳太郎は相馬家に乗り込む決意を固めた。一方、お墨付を手に入れた伝右衛門も相馬家本城の中村城に向い、わが子新之助を偽若君にして一芝居打とうと図ったが、柳太郎と内匠の活躍で悪臣輩は潰滅した。…

朝日座わが青春の活動写真館

お気軽にお問い合わせください。 TEL 024-546-9261 受付時間 9:00 - 18:00 (月・水・金曜日除く)

PAGETOP
Copyright © おはようドミンゴ・二上英朗 All Rights Reserved.