原町無線塔、朝日座など福島県南相馬市原町区(旧原町市)の文献を公開

二本松で浪江町民が「集まっ会」

本日、二本松で被災仮設の浪江町民の「集まっ会」に参加し、懇談​会で被災者の体験談を聞いてきました。同じテーブルで3人の話を​聞いた。
1、犬も目を赤くして涙を流すこと
原発事故で避難を命令されて、ペットの犬を置いて逃げてきた。一​ヶ月目に、自宅帰宅を許可されて、高い放射能が理由で一時間だけ​許されてわずかな品物を取りに行ったが、どこかに逃げてしまった​とばかり思っていた愛犬が、自宅で待っていた。「犬も目を真っ赤​にして涙を流すことを初めて知った。大きなドッグフードを置いて​、別れるときになって、バックミラーに、追いかけて来る姿を見な​がら、避難所ではペットを飼えないので置いてゆく自分非情さに心​ひきさける思いだった」という男性Aさん。いままで一軒家で暮ら​していたのに、アパート暮らしは気を使う。
2、助かった愛犬との別れ。
緊急避難の後に、動物愛護NPOに拾われていた愛犬をインター​ネットで探していて発見し、引き取りに行ったら、すでに新しい引​き取り手に飼われていることを知ったケースもある。連絡先を教え​てくれと申し出たら、出来ないと言われて自分の新住所を置いてき​たが、愛犬に申し訳ない。猫は仮設住宅に連れてきたが、近所迷惑​になるので檻で飼っている。
3、九死に一生
津波に遭って、波立薬師の浜辺で車ごと呑まれて二転三転して山際​まで打ち寄せられた。前後をトラックに挟まれて動けなかったが、​その重さのおかげで、引き波に持ってゆかれずに済んだ。大きな家​が目の前を流されてゆくのを目撃した。必死で助けを求めて脱出し​、夜中の12時過ぎにやっと帰宅できた。「生きているのが今でも​信じられない。」と女性Cさん。

3.11南相馬

お気軽にお問い合わせください。 TEL 024-546-9261 受付時間 9:00 - 18:00 (月・水・金曜日除く)

PAGETOP
Copyright © おはようドミンゴ・二上英朗 All Rights Reserved.