自然は芸術を模倣する、という言葉がある。
 すぐれた芸術は自然の見方の規範にさえなる、の謂いのオスカーワイルドの逆説である。
 佐野真一は「書かれたもの以外に記憶されない」という名言もある。記録されなかったことは、歴史の上では無かったことも同然である。
 だから中国でも北朝鮮でも、権力抗争のたびの敵対陣営の思想も存在の記録も抹消して、歴史になかったことにしてしまう。
 最近の安倍政権も「北朝鮮の拉致被害者を一人残らず取り返す」「年金記録を復旧させておひとり残らず最後の一人まで一円までお支払いいたします」「福島第一原発事故の放射能は湾内にコントロールしています」「わたしと昭恵が関係していたら総理も国会議員も辞めますよ」等など多くの発言を語って大見えを切ってきたが、実際にやったことは国会発言の抹消と改ざんを繰り返している。
 東アジアの歴史や記録を調べる現地の資料は頼りにならないので、西欧や第三世界の記録を見るほかなくなるだろう。
 大新聞の幇間ジャーナリズムが、その改竄の先鋒となってきたこんにち。フリーの、インデペンデントの記者しか、真実を書かないいま。
 芸術か童話が「王様は裸だ」というほかに、書くべき真実も歴史も残っていない。
 歴史も記録を模倣するのである。