高松豊次郎の孫にあたるOffice Takamatsu 社長の高松芳雄氏と、近所のイタリアンカフェ・プッタネスカにて面会。原町に2年半、除染の元請け社の施工管理のIT分門を請け負っていたという。工事写真の一括管理をITで処理する業務。父の代までは娯楽系の職業に進んできたが、自分の代になっても、プレゼンに映像を使うと、文章で説明するのに比べて、格段の効果があるのを実感するのを見ると、おじいちゃんのDNAがあるのかな。
豊次郎本人は、目木隙銀山のあとは、ブラジルに渡ってコーヒー農場をやろうかななどと祖母に言っていたと父が語っている。
高松の一族は、滝の湯という旅館を売却して全員が東京に移り住んだ。祖父も父も眠る墓所は
飯坂の常泉寺にあり、これで一連の調査は完結した。

余はいかにして興行師となれるや 高松豊次郎小伝

予はいかにして興行師となれるや 高松豊次郎小伝