DASH村復活で津島支援を

 人気テレビ番組のDASH村のロケ地として有名な津島地区は放射線量の高い帰還困難地区に指定されたままだが、ここを復活させて浪江町の復興拠点にしようとの構想が高木陽介経済産業副大臣から新年早々打ち出された。
 政府が再生を支援する方向で検討に入った。原子力災害現地対策本部長の高木相が12日、浪江町の馬場有町長と東京都内で会談し、復興の端緒が見えない帰還困難区域の農業再生と風評被害克服のシンボルにしたいと確約した。
 先に富岡町夜の森の桜並木も高い放射線量のホット・スポットだが、住民の人気のあるシンボルで、丸川珠代氏が環境大臣時代に特別枠の除染地区に決定した。
 目立つポイントに拠点を設けるのは一つの手法であるが、6年も経って生活再建の目途が立たない多数の避難者をどう手当てするのかきちんとした手厚い支援が大事だ。
 アイデイア倒れにならぬように注視している。住民合意と歩調を合わせて着実に進めて欲しい。