原町の待機特別攻撃隊

黒磯から各地の飛行場に配属された特攻隊

204 205 206 207 208 二式複戦8 鉾田KDF 5.2編成 7・26 1FA

225 226 227 228 那須野 キー1156 鉾田KDF 6月編成 配備7.26

253 254 256 5.6月編成 99双軽8 黒磯 鉾田KDF 7.26 1FA 5FA 1FA

陸軍特攻は、463隊まで待機編成されており、このほかにも現地で対ロシア戦争に自主的に編成した部隊が数隊あった。実戦に適応しない布張り複葉の初歩の練習機いわゆる「赤トンボ」95式練習機が充てられた部隊さえ多くあった。狂気の沙汰としかいいようがない。

FAは飛行隊の略。KDFは教導飛行隊の略。キー115は陸軍の特攻専用の木造機体で、車輪も再利用できるように離陸すると手動ではずす仕様になっていた。福島県内でも白河女学校などで製作していたという。「剣」と呼称される。

この神鷲204隊こそが、原町飛行場で待機していた次の特攻隊である。編成されたのは陸軍中央部「と号部隊」名簿によると、戸上晴明中尉、野瀬清水中尉、小谷修一少尉、鳥越正道少尉、滝本裕少尉・特別操縦2期、中尾常雄少尉・特操2期。西田裕一見習士官(無線)、小崎弘道幹特見習士官(無線)。使用予定は二式複戦。255が欠けているのは、後藤野飛行場の特攻隊だからで、8月9日夕刻に出撃し、敵艦隊は発見できず、原町飛行場に着陸する考えだったが、山中に墜落した渡辺秀夫隊員の搭乗する99式軽爆撃機もこの隊の一機だった。

終戦工作が一週間遅れていたら、上記の待機隊員たちは、確実に死んでいた。