新成人祝い憲法贈る

 はらまち9条の会会員16名と南相馬市民文化会館の成人式で「日本国憲法」の冊子を新成人全員に配布した。

 まぶしい若さの後輩たちよ。恵まれた世代のきみたちが憲法を守ることで憲法がきみたちを守るんだ。平和の願いをこめて「おめでとう」と声をかけて祝福した。

 玄関には新成人が生まれた阪神大震災が発生した1995年の支援をしのんで、神戸から贈られた東日本大震災の南相馬市の犠牲者を悼む記念碑「希望の灯り」が彼らを見守るように、ゆらゆらと燃えていた。死んでいった同朋のまで、成長したきみたちは逞しく生きてゆけよ、と力づけて声かけているようだった

 学校を失いバラバラになり同級生と一堂に会する若者たちは、あの311で最も過酷で貴重な家族のを体験し、故郷を喪失したり友や肉親を失った試練の世代だ。成人の再会はどれほど僥倖なことか。それもこれも平和であってこそだ。災害で生き延びた君らは戦争で死ぬな。